« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

There She Goes

最近、租税法に興味がわいています。

税理士試験の理論の丸暗記(意味があるのか?)よりは面白そうです。

最近のこのブログの都道府県別訪問者数。
1位・・・東京都
2位・・・大阪府
3位・・・神奈川県
変わりなしです。

今日のタイトルは、ザ・ラーズ の曲です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

No Surprises

佐藤英明著 『プレップ租税法』

という本を読みました!

ものすごく面白い本です!

超おすすめです!

ただ、

会話形式なのですが、

誰のセリフなのかが書いてないので、

そこが少し戸惑いました…。

今日のタイトルは、レディオヘッドの曲です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/11

I Fought The Law

所得税の還付申告関係の条文を読んでみました。

所得税法
第120条第1項
居住者は、その年分の総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額が
第2章第4節(所得控除)の規定による雑損控除その他の控除の額の合計額を超える場合において、
当該総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から
これらの控除の額を第87条第2項(所得控除の順序)の規定に準じて控除した後の金額を
それぞれ課税総所得金額、課税退職所得金額又は課税山林所得金額とみなして
第89条(税率)の規定を適用して計算した場合の所得税の額の合計額が
配当控除の額を超えるときは、
第123条第1項(確定損失申告)の規定による申告書を提出する場合を除き、
第3期(その年の翌年2月16日から3月15日までの期間をいう。)において、
税務署長に対し、
次に掲げる事項を記載した申告書を提出しなければならない。
第121条第1項
その年において給与所得を有する居住者で、
その年中に支払を受けるべき第28条第1項(給与所得)に規定する給与等(以下この項において「給与等」という。)の金額が
2千万円以下であるものは、
次の各号のいずれかに該当する場合には、
前条第1項の規定にかかわらず、
その年分の課税総所得金額及び課税山林所得金額に係る所得税については、
同項の規定による申告書を提出することを要しない
ただし、
不動産その他の資産をその給与所得に係る給与等の支払者の事業の用に供することによりその対価の支払を受ける場合その他の政令で定める場合は、
この限りでない。
1.一の給与等の支払者から給与等の支払を受け、
かつ、
当該給与等の全部について第183条(給与所得に係る源泉徴収義務)又は第190条(年末調整)の規定による所得税の徴収をされた又はされるべき場合において、
その年分の利子所得の金額、配当所得の金額、不動産所得の金額、事業所得の金額、山林所得の金額、譲渡所得の金額、一時所得の金額及び雑所得の金額の合計額20万円以下であるとき。
第122条第1項
居住者は、その年分の所得税につき第120条第1項第4号、第6号又は第8号(確定所得申告)に掲げる金額がある場合には、
同項の規定による申告書を提出すべき場合
及び次条第1項の規定による申告書を提出することができる場合を除き、
第138条第1項(源泉徴収税額等の還付)又は第139条第1項若しくは第2項(子納税額の還付)の規定による還付を受けるため、
税務署長に対し、
第120条第1項各号に掲げる事項を記載した申告書を提出することができる
この場合において、
その年において支払を受けるべき第28条第1項(給与所得)に規定する給与等で第190条(年末調整)の規定の適用を受けたものを有する居住者が、
当該給与等に係る第120条第3項第3号に掲げる源泉徴収票を添付して当該申告書を提出するときは、
同条第1項各号に掲げる事項のうち財務省令で定めるものについては、
財務省令で定める記載によることができる。
第138条第1項
確定申告書の提出があつた場合において、
当該申告書に第120条第1項第4号若しくは第6号(源泉徴収税額等の控除不足額)又は第123条第2項第6号若しくは第7号(源泉徴収税額等)に掲げる金額の記載があるときは、
税務署長は、
当該申告書を提出した者に対し、
当該金額に相当する所得税を還付する。

太字は私が付けました。
横に長くなるのを避けるため、適当に改行しました。(余計読みにくくなったかも)

今日のタイトルは、ザ・クリケッツの曲です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/10

LA LUNA

最近は、

夜8時過ぎくらいに会社を出て、

夜9時くらいに帰宅することが多いのですが。

その間に税理士事務所の前を何軒か通ります。

ほとんどの事務所が明かりが消えています。

税理士事務所も不景気なのでしょうか…。

それとも私が帰るのが遅いのか…。

今日のタイトルは、べリンダ・カーライルの曲です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/06

そして僕は途方に暮れる

また本を買いだめしちゃいました。

半分くらいは読まないかもしれません。

小倉優子・五十嵐明彦著
『焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか
~小倉優子と学ぶ会計学~』
おもわず買ってしまいました!

細野真宏著
『「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?
~世界一わかりやすい経済の本~』
年金は大丈夫らしい。
本当でしょうか…。

細野祐二著
『法廷会計学VS粉飾決算』
少し前に出た本です。
いまさらですが…。

井端和男著
『最近の粉飾―その実態と発見法』
カネボウやライブドアについて取り上げているようです。
ライブドアといえば、堀江元社長の本は、面白かったです!

今日のタイトルは、大沢誉志幸さんの曲です。
懐かしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/04

You Gotta Be

というわけで?

将来の見えない毎日です。

だからという訳では無いのですが、

昨年、

国民年金、

追納しちゃいました…。

還暦まであと○○年。

年金が給付されるかどうかも分かりませんが。

そこで、

還付申告しようと思いつつ、

既に3月が経過しました。

そろそろ申告するつもりです。

ただ、株式の譲渡益があるのが、

少し悩ましいところです…。

今日のタイトルは、デズリーの曲です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/02

悲しみよこんにちは

仕事。

現在は、

基本的には、

肉体労働です。

そのおかげなのか、

あまりカゼはひきません…。

しかし、

年齢的にきついです…。

今日のタイトルは、斉藤由貴さんの曲です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/01

琉球ムーン

昨日、10分くらい観たテレビドラマ…。

出演していたのは、

加藤ローサさん

だと思います。

たぶん、

国仲涼子さん

ではありません…。

還暦まで○○年。

税理士に、

はたしてなれるのか…。

最近、

弱気というか現実的というか悲観的というか、

そういう気分です。

今日のタイトルは、国仲涼子さんの曲です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »