« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/28

Suddenly I See

2月。

6回しか更新できませんでした…。

中川翔子さんや知多みるくさんを見習わねば!

萌えキャラといえば、

経済産業省のセキュリーナは、

歌も歌っています。

今日のタイトルは、ケイティー・タンストールさんの曲です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/19

涙くんさよなら

最近のこのブログの都道府県別訪問者数。

1位・・・東京都
2位・・・大阪府
3位・・・神奈川県

3位が変わりました。

神奈川県の方、

ありがとうございます!

今日のタイトルは、坂本九さんの曲です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/18

流れる雲よりもはやく

始まりました、

確定申告。

皆さん、忙しくなることと思います。

関連記事。

サラリーマン必見! 納めすぎた税金を確定申告で取り戻せ

確定申告:松下奈緒さん「e-Tax」体験 東京

話は変わって、

日本の財務相の居眠り運転。
(例の会見のことです)

周りの人達は、

会見前に、

あの状態に気付いていなかったのでしょうか…。

マスコミには、

肝心の会議の内容にももう少し触れてほしいです…。

今日のタイトルは、松下奈緒さんの曲です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/15

Beautiful Day

有価証券の評価損益についての会計上の取扱い。

5、6年前とは、いくらか変わっているようです…。

最近、会計法規集を買っていないです。

分かりやすくまとめているサイトがあれば助かります…。

法人税法上の取扱いについては、

税理士試験の理論問題でもよく出題されます。

3年前には暗記しましたが、

忘れてきています…。

こちらは法人税法の条文を読むのがはやそうです。

今日のタイトルは、U2の曲です。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/14

The Scientist

珍しくテレビを観てました…。

確か楽天でした。

最終の当期利益は赤字ですが、

営業利益と経常利益は過去最高益、

最終赤字は有価証券の評価損によるものとのこと。

この有価証券評価損は特別損失に計上されたものと思われます。

意外にこういった法人は多いのかもしれません。

例えば、

所有有価証券の評価額が期首800万円だったのが、

期末に300万円になれば、

差額の500万円が特別損失に計上されます。
(営業外費用も考えられるのでしょうか。
財表受かってから5年以上経ってるもので…。)

もし来期末に200万円になったとすると、

差額100万円は…。

所有目的などが関係してくるのですよね…。

財表受かってから5(以下略)。

結局、

赤字だと騒がれているのは、

あくまで期間損益計算の話なので、

来期は黒字になっても全く不思議ではないわけです。

あくまでフローの話なのです。

ということで、

何が言いたいかというと、

私の持っている株式が上がって欲しい、

ということです…。

今日のタイトルは、コールドプレイの曲です。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/02/08

ハロー・レディ

ブログ紹介。

みるろぐ

愛知県知多半島のイメージキャラクターの知多みるくさんのブログです。

もうひとつ。

150年祭ブログ

開国150年祭のブログです。

ひこにゃんです…。

今日のタイトルは、島田奈美さんの曲です。
(現在は音楽ライターの島田奈央子さんです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

Ashes to Ashes

2月になってまだ一度もブログの更新をしていませんでした。

ネタがないもので…。

100年に1度の危機と言われています。

未曾有の危機と呼ばれています。

日本の場合、

第2次世界大戦、

石油危機、

バブル崩壊、

と様々な危機を乗り越えてきました。

円高なのは、

日本の状況がアメリカやヨーロッパよりもマシだということだと思います。

今回の危機について、

サブプライムローンが原因と言われていますが、

実際のところ、

どういうメカニズムで今の状況になったのか、

私にはよく分かっていません…。

話は変わりますが、

株式の譲渡所得の課税関係について調べようと思いながら、

1月が過ぎてしまいました…。

今日のタイトルは、久々にデヴィッド・ボウイの曲です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »